2009年10月09日

カリビアン

歌のみ投下にアレンジ。
のんびりだらだら作ってたら、どえらい面子に次々先越されてるうちに、
これいらないこなんじゃね? とか思いつつ仕上げてしまいました。

歌うまいのもあるんだろうけど、実にセンスを感じさせる旋律は
アレンジ側にプレッシャーを迫る意味で非常にサディスティックだと思います。

カリビアン
曲(直リン)オケ覚え書きまとめ

島を渡る 鳥が騒ぐ
真っ赤に染まった 楽園へ
きらり揺れる 波が運ぶ
小瓶に詰まった ラブソング

ローテンションに情熱を詰め込んで
気まずいくらいがちょうどいい

だって君は 明日と手を繋いで
砂浜に足跡残して行く
そんな君は 潮風にも好かれて
少しずつ遠ざかって 西へ


ふわり薫る 姿隠す
後ろで笑った マングローブ

等身大の純潔さ振りまいて
必死なくらいが自分らしい

だって君は 大地と指結んで
花びらを沢山散らして行く
そんな君は レンズ越しに座って
夢の中誘われて missing moon

君の元誘われて missing you

(詞:トドロキ @600_459
(曲・歌:ドンゴッサモ @622_24
(投下:662_83



●いじくってもらったありがとう。
・歌入れ:トドロキ @664_85
・歌入れ:279 @688_39
・歌入れ:jas39 @699_86
・歌入れ:空白 @716_47
・歌入れ:ドンゴッサモ(再録) @none?
posted by 餡の雲 at 01:08| 編曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。