2011年03月06日

リトルグラフィティ

板尾「誰やコレ」
東鳩2リリースからまだ6年しか経ってなかったってほうのがむしろ意外だった。

リトルグラフィティ
曲(直リン)オケ覚え書きまとめ

憧憬とはいつまでたってもリアルなものである
それが私には非情でならない
タマ姉はいつまでたっても素敵なおねぃさんなのに
私は年をくってしまう
タマ姉というリアルを私自身が否定しているのだ

ならばこそ、甘えよう
心苦しいのならば、全力で甘えよう
タマ姉というリアルに甘えよう
彼女の前でなら、私はショタにだってなれる
なぜなら彼女は私にとっての永遠であり、いつまでたってもタマ姉なのだから

(詞:721_108
(投下:816_121
posted by 餡の雲 at 17:36| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。